鬼嫁溶接をする

 裏門の鍵を付けるために、溶接作業を行いました。

 旦那さんが溶接機を持っていますので、作業を鬼嫁遠巻きに作業を見学してたんです。
青い火花が散って、お~ミステリアス


 楽しそうに見えたので、お願いしてやらせて貰うことにしました。
生まれて初めて、機械を持ってお面をして作業をしましたが、見ているのと実際は全く違い
難しく思うように火花は出ないし、場所も上手くあてられません。
 画像

 右の写真が、その写真です。→
かなり、へっぴり腰で
おっかなびっくりの
様子に見えますか?







 次の写真が、溶接した所↓

画像


上が、旦那さんが行った溶接箇所
下が、鬼嫁が必死に溶接した箇所

 ん~鬼嫁のした所は斑かな?初心者には難しいなぁ~

ワイヤー溶接っていうのがあってそれは比較的簡単だって旦那さんが言ってたけど、
今度挑戦できるかしら?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年12月31日 21:29
わぁ、溶接楽しそう!
私も自分で溶接できたら楽しいだろうなと思います。
あんなモノやこんなモノとかいろんなモノ作れるしネ。
いいなー・・・

来年もよろしくお願いします。
またサーキットでお会いしましょう!
2007年01月02日 11:24
ねびこさん今年もよろしくお願いします。

サーキットでお会いできる日を
楽しみにしています。

この記事へのトラックバック